解体工事中によくあるトラブルとは?トラブルの対処法や予防法も解説2022.07.27

解体工事中は、近隣住民の方とトラブルが起きることも少なくありません。
万が一トラブルになれば、その後の生活で支障をきたすことも考えられます。
この記事では、解体工事中によくあるトラブルやその対処法、トラブルの予防法について解説します。
トラブルに発展しないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

解体工事中によくあるトラブルとは?トラブルの対処法や予防法も解説

解体工事中はトラブルが起きやすい?

解体工事中というのは、正直トラブルが起きやすいと言えます。
その理由は、解体工事で騒音や振動、粉塵の飛散が起きてしまうからです。
建物を解体する場合は重機を使って壊すため、大きな音や振動が発生します。
また、解体工事で粉塵が周囲に飛散してしまうので、生活道路などを汚すおそれもあるのです。

これらにより、日常生活を穏やかに送ることができず、住民にストレスを与えてしまいます。
そのために、近隣住民の方からクレームが入ることも珍しくないのです。
場合によっては大きなトラブルに発展することもあるなど、何かと問題が起こりやすいでしょう。

解体工事中によくあるトラブル例(近隣住民編)

解体工事中によくあるトラブルとして、以下のようなものがあります。

騒音、振動

解体工事中に起きる可能性が高いトラブルとして、騒音や振動があります。
解体工事の際は重機を使用しますし、工事中は頻繁にトラックが行き来します。
それにより、かなりの音、振動が起きてしまうのです。

8時~17時が公共工事のできる時間帯となっていますが、業者によってはそれ以外の時間帯に行うことも。
そうなると、トラブルに発展する可能性が高まるでしょう。

粉塵の飛散

工事解体中は、粉塵の飛散でトラブルになることも少なくありません。
養生シートや粉塵シートを設置するなど、十分に対策をすることが大切です。
それをしなければ、トラブルにつながってしまいます。
万が一粉塵やほこり等で生活道路や近隣住宅を汚したとすれば、すぐに対処する必要があるでしょう。

隣家を損傷

解体工事中のトラブルとして、隣家を損傷させてしまうことも考えられます。
操作ミスが生じる可能性もありますし、解体時の飛散物で隣家の外壁やガラス窓を損傷させることも。
そうなれば、当然弁償することになります。
業者によっては損害賠償保険に加入していないこともあるため、業者選びは注意してください。

作業員のマナー違反

解体工事中に、作業員が近隣住民とトラブルになることもあります。
タバコを路上で吸っていたり、大声で話していたりするとトラブルになることが考えられます。
苦情がこないように、施主としての責任を果たすことが大切です。

隣の敷地を無断で使用

解体工事の際、現場が狭く養生スペースが足りない場合もあります。
通常は、養生スペース確保のために隣家に許可を取って敷地を借ります。
しかし、これをしなければ無断で敷地を使ってしまうことになるため、トラブルの元です。
スペースを借りるときは、しっかりと許可を取る必要があります。

解体工事中によくあるトラブル例(業者編)

解体工事では、依頼主と業者間でトラブルも少なくありません。
そこで、解体工事中によくある依頼主と業者とのトラブルをご紹介します。

工事の遅延

解体工事は、毎回順調に進むというわけではありません。
自然災害や悪天候の影響もありますし、業者の都合も考えられます。
ですので、そうなると話し合いが必要となります。
適切な説明を業者からしてもらえないと、不信感が募ってトラブルになることもあるでしょう。

追加費用の請求

事前に見積もりを提示されていても、工事が始まると何かと追加で費用を請求する業者もあります。
工事前にしっかりと追加費用について決めておかなければ、トラブルが起こります。
そうならないために、契約書できっちりと契約を交わしておくのが良いです。

工事の放棄

悪質業者だと、解体工事をせずに放棄することもあります。
お金だけ支払わされて解体工事をまともにしてもらえなければ、大きな損失です。
そのような場合ば、弁護士など専門家に相談し費用を返還してもらいましょう。
悪質業者も少なからず存在するため、くれぐれも注意してください。

解体工事におけるトラブルの対処法や予防法

解体工事においてトラブルが起きないようにするために、次のような方法があります。

工事前に周辺住民へ挨拶する

解体工事の際、トラブルが起きるのは工事前に近隣住民への挨拶がないのも原因の1つです。
ですので、工事前に近隣住民に対して理解を得るためにも、挨拶回りは必須と言えるでしょう。
できれば、業者と一緒に挨拶回りをするのがベストとなります。

安心できる業者に依頼する

解体工事でトラブルにならないためにも、安心できる実績豊富な業者に依頼するのがおすすめです。
中には詐欺まがいの業者も存在するため、そのような業者に依頼すると高確率でトラブルとなります。
そのことから、実績豊富で評価の高い業者に任せるのが良いでしょう。
許可証や登録確認をすることで、失敗するリスクが下がります。

見積もりを十分に確認する

解体工事のトラブル予防法では、見積もりを十分に確認することも大切です。
複数業者から見積もりを取ることで、相場がわかります。
金額は妥当か、不透明な追加請求の心配はないかを確認することで、安心して依頼できるはずです。

まとめ

解体工事中によくあるトラブルについて解説しました。
解体工事中、近隣住民の方とトラブルに発展することも少なくありません。
そのため、トラブルの対処法、予防法を知っておくのがベストです。

安心安全に解体工事を進めていけるように、安心できる業者を探す必要があります。
解体工事をご検討の方は、工事実績が豊富な株式会社松ダイナミックにご相談ください。



CONTACTお問い合わせ

採用に関するお問い合わせ/
お仕事のご依頼はこちらからお問い合わせください。